【引きこもり/不登校/家庭内暴力】などによる自立支援

武道を通じての青少年健全育成

IMG_3378

武道を通じて青少年の健全育成に役立てようと、様々な流派が集まり結成された、NPO法人日本武道総合格闘技連盟が運営法人となり、現在、日本の教育界において問題とされている、家庭内暴力・ひきこもり・不登校・非行・ニートなどの青少年を教育し、自立を支援します。

自然豊かな環境の中で

長野県下伊那郡高森町と長野県内外各施設(詳細)、及びフィリピン国(詳細)、ラオス国(詳細)、タイ国(詳細)の全寮制施設において、生活指導から始まり武道の稽古レクリエーション・基礎学習農業体験ビデオ学習ボランティア体験などの実習を受けながら、じっくりと自らの心と向き合い、自立していくためのプログラムです。

自らの心と向き合う

「家庭内で暴力をふるう」「非行や家出をしてしまう」「社会や学校でうまくやっていけない」「自分に自信が持てない」など対人関係や環境になじめず、自分の進むべき道がわからない青少年は心の問題を抱えています。
しかし彼らは、繊細で優しい面もあり、多くの可能性も秘めています。
その個性を生かし社会で自立していくための教育を行っております。

広域通信制単位制高校と提携し、高卒を目指す

ひきこもりや不登校の生徒の中には高校に入学していない、もしくは中途退学の者も多いため、広域通信制単位制高校(さくら国際高等学校)と提携し、サポート校として高卒を目指すコースもございます。