生徒にせかされて草刈りと除草剤

20 8月 2019

毎日炎天下で、ジャガイモもまだすべて掘れてなく、スタッフ皆で話し合い、涼しくなった盆明けから頑張ろうと話がまとまった日の8月9日金曜日の夕方…
とある存在感が大きな女子生徒Yさんが、私の肩を揺らしながら、
「石原先生❗明日午前中は畑作業をやらないんですか?」
といい始め、「草刈り?」と聞くと、
「はい!やりましょうよ!」
と何度も何度もいい、そこにくつろいでいたアニソンでよく踊るF君が、
「やるならやりましょう!僕頑張りますよ!」
という為、
追い込まれた私の心の中では、「あ」に「”」がつき、「あ”~⤵😱」状態で、3分ほど気が遠くなっていましたが心を決め、
「じゃあ、明日6時半1号畑で」
と言うと、異常なテンションのやる気の二人をみて、最近暑くてバテぎみで今日稽古だけど頑張ろうと心に誓いました。

8月10日土曜日朝 6時半
二時間半頑張りましたが、だんだん日が高くなるにつれて暑くなり8時52分、断念。ギブアップ❗
撤収準備が終わったあと、Yさんが残念そうな顔をして、
「二時間でこれだけか…」
…Yさんは、もっと作業を進めたかったようですが、ビフォーアフターの写真をみていただければわかると思いますが、結構すすみました。
Yさんが草刈りをした草は山盛りになり、アルプスの少女ハイジの干し草のベットが出来そうでした。

そしてF君はひたすらビーバーをかけてくれ、綺麗にしてくれました。私は除草剤をひたすら散布。

イヤハヤ、皆よく頑張った!