私が看護師を目指そうと思ったわけ ⑪

28 10月 2012

そこで彼氏にお願いして
免許証を偽造してもらうことにした

免許証の偽造には30万円必要である
私が30万円など持っているわけがない

そんなときに友達がAVに出たいと言い出した

だからそいつをAV事務所に紹介した

そしたら私に紹介料としてお金をくれた
私はこんな楽な金の稼ぎ方があることにビビった
ここで私は更に悪いことを思いついた

私はヤクザと手を組んで知り合いの女の子に援交をさせ
半額が女の子の報酬
四分の一がヤクザ
残りの四分の一の額を私がもらっていた
そして
楽に30万円稼ぎ偽造免許証を手に入れた

そして偽造免許証を手に入れた私はもっといいキャバクラで働き始めた
相変わらず覚せい剤を打ちまくる日々だった

そんなある日事故を起こした

飲酒運転で祖母の車を無免許で乗り回し
ガレージにぶつけた

修理代に30万かかったらしく請求された

当然払うわけなんかない
こうして私は他人を傷つけまくった

自分が傷つく前に他人を傷つけて自分を守った

こんな中
女の子が援交するのをやめた

金が欲しい私は彼氏がいるにも関わらず
Hをして妊娠詐称をして金をとった
美人局もした

当時キャバクラの客にご飯をおごってもらっていたので
ご飯には困らなかった
毎日2万くらい稼いでるはずなのになぜかいつも金がなかった
とにかく金遣いが荒く
わずかな距離もタクシーを使ったりしてた

ある日
寂しくて寂しくて
その日は仕事が休みで
彼氏ともずっと会ってなかった私は
いつものように携帯の充電器で止血し
覚せい剤をいつもの倍くらいの量打った
気持ちが良くなるかと思ったら
呼吸困難をおこした
半日近く息が出来なくて苦しくてのたうち回った

本当は病院に行きたかったが
病院にいったら確実に捕まってしまう

試験観察中なので
確実に少年院送致である

それだけは嫌だったので
必死に我慢した

もう死ぬかと思った

このことがきっかけで
毎日打つのはやめるようになった