学園畑 ~たまった作業をこなす&野沢菜チャーハンの日~

19 4月 2018

黒マルチ張り

最近の天気は晴れたり雨が降ったりと忙しく、雨で土がぬれたあとに畑に入ると土が固くなってしまう為に作業が出来ず…
あれよこれよと作業が溜まってしまいました。

4/14(土)、天気は午後から雨。土がようやく乾いてきた為、午前中が作業チャンス!いつもより二時間早く畑に行き、作業開始!
前日に、矢沢のお母さんからまたもや長ネギの苗を大量に頂き、皆で喜びの声と、頑張って植付けをしなければ!という気持ちの焦りがあったものの、遅れてきた生徒もいましたが、やはり人が多いと早い早いっ!
男性生徒をまとめる宮沢先生の指示も的確で、あれよこれよと長ネギ苗の植付け終了。
長ネギの白いところを増やすにはとにかく深く土を掘ること。学園の耕運機は人間で例えると100歳くらいなので、あまり深く土をおこせない為、長ネギの溝を深く掘るのは大変!男性生徒たちがほんと頑張ってくれました。

長ネギ苗の植付け

過去に畑仕事をあまりしたことがない有賀先生と15歳生徒と私は、せっせと前回ジャガイモを植付けした畝10本以上に黒マルチ張りに取り組みました。三人の息があった作業は徐々に早くなっていき、天才じゃない?と錯覚をしたくらいでしたが、様子を見に来てくれた地区の宮下さんが華麗に現れたあとは、宮下さんの高速的な動きについていけず、あたふた!
黒マルチが張られた畑は、なんだか畑らしくなってきて、ちょっと嬉しく感じました。

黒マルチ張り

昼は、有賀先生が早めに畑からあがり野沢菜チャーハンと味噌汁を作ってくれ、話も盛り上がり皆で美味しく食べました。(野菜の収穫が増えてくれば食事会の品数が増えてきます お楽しみに )

野沢菜チャーハンと味噌汁

午後2時半くらいからは、草取り名人の女生徒と私は、雨が降るまで頑張ろうといい、雨が降りだす6時前まで頑張りました。
空いている場所の土をおこしたり、さつまいもの畝を作りました。
この生徒が作る畝はいつも何故か曲がっていて、かなり笑えました(笑)

この日は、生徒とスタッフ、力を合わせ、畑作業をやりきった日でした。