ディヤーナ国際学園 畑部

16 5月 2020

今日は今年チャレンジする「アスター」という花の苗を植えました。まだ作業が途中にて、明日も行う予定。
学園畑部では、花の挑戦はこれが初めて!

宮下さんの薦めと指導のもと、お盆出荷を目標としていて、3色のアスターが8月には開花します。黒マルチをはった上にアミをはり、花が成長していく過程で、花が倒れないようにアミも一緒にあげるそうです。なので、アミの枠ひとつひとつに穴をあけました。

皆、アスターの写真を見せたものの、アスターがどんな花なのかあまり理解していないようだったので、8月に、この数百の苗が成長したところを生徒たちに見せた時の反応が今から楽しみです。
「花は食べれません!」といいだす生徒は、いないとは思いますが‥‥
きっと綺麗だろうなあ。(うまく育てば‥‥)乞うご期待!

さらに!
先週タネをまいたオクラが芽を出しました!

毎年ひとつの穴に3〜4粒のタネをまき、一本立ちにしてきましたが、色々農家さんの話を聞き、今年は7粒(自分たちが作ったオクラからタネを採取。本当に芽が出るか不安だった為、多めにまいたら、ほぼ芽がでていて、これを今年は)二本立ちか三本立ちで育ててみることに。
うまく育ててれば、柔らかいオクラになるとのこと。

これも今年チャレンジ。とりあえずやってみる!
オクラは出荷目的ではないので、大量に収穫できたら、生徒たちが夢でうなされるくらい、オクラを食べさせることを目標にしたい。ニヤリ