ディヤーナ国際学園 畑部 玉ねぎ

13 6月 2020

ディヤーナ国際学園畑部 レタス出荷終了! 今年初めて出荷用にレタスを500〜600個育てました。 そのうち330個はアピタへ出荷。残りを、近隣の方々やいつもお世話になっている方にお裾分けしました。皆さん大変喜んでくれました。

玉ねぎ収穫!

白い玉ねぎと紫の玉ねぎを作り、収穫しました。

作業中、最近小沢先生か、鯖水煮に玉ねぎスライスをのせて、めんつゆをかけて食へて美味しいらしいと情報か入り、また、学園畑の指導係の宮下さんか通りかかり、玉ねぎを横に真っ二つにきり、フライパンに油をひき、上下蓋をして焼き、醤油をかけて食へると美味しいんだ(玉ねぎステーキ)と熱く語って去っていったのて、次回上記2点、食事会て生徒に作ってあげようかと考え中。

そして相変わらすある生徒が、
「この玉ねぎのネキみたいな緑のところは食へれるんですか?食へたいてす!」
と目をキラキラしていうので、
「食へれるけど、そこまでたべなくていいよ」
と言ったのですが、
夕方、花「アスター」の雑草取りをしていたら、やっぱり上記ある生徒が、
「緑のとこ、食べたいです!食べれるんですか?!」
というので、
驚きなから、
「花です!アスターは花です!食べれません!」
と言ったものの、さすかに気か遠くなった。

が、人間、食へようとしたらなんでも食べれるのかもしれないと、チャレンシャー精神のこの子をみていたら思えてきた。