春のニューロフィードバック特別集中トレーニング開催

19 1月 2016

この度、臨床ニューロフィードバック協会公認の『春のニューロフィードバック特別集中トレーニング』を、長野県高森町のディヤーナ国際学園本部にて開催させて頂きます。

特別トレーナーとして、ご多忙の中、私達の社会貢献活動にご共感下さいました、東京の臨床心理士・米倉有香先生のご厚意により長野県高森町の学園本部にて、学園生徒、道場生、関係者をメインに特別集中トレーニングを開催させて頂く事となりました。限定10名ですのでお急ぎご連絡下さい!

お近くに発達障害や自閉症、強迫神経症や不安症、睡眠障害など(別紙記載)で、お悩みの方がいらっしゃいましたら、是非お伝え頂き、この機会にトレーニングして頂ければ幸いで御座います。

ニューロフィードバックとは?

1980年代にNASAからの委託研究で、猫の頭頂部の脳波(EEG)フィードバックトレーニングをすると、てんかん発作を抑えられることが見つかり、過去40年に、主にアメリカで、アスペルガー、ADD、てんかん、うつ病、睡眠障害、軽度の、PTSD、認知症などの精神疾患や、音楽やスポーツのパフォーマンス向上に効果があることが示されてきました。そのため、現在、欧米の国々では、様々な疾患の症状改善を目的として、心理療法として多く活用されています。 また、同様にパフォーマンス向上目的としては、イギリス、アメリカ、カナダ、台湾、オーストラリア、シンガポールのオリンピックチームや、NASAの宇宙飛行士トレーニングセンター、Formula1チーム、アメリカ海軍・陸軍、プロゴルフチーム、セリエAミラノのトレーニングとして用いられています。

(臨床ニューロフィードバック協会HPより引用)

今回のトレーニングでは、2月に初回一度ミニマップ測定&カウンセリングを行います。そのデータを、ニューロフィードバックの第一人者モッシュ・パール博士(臨床心理士、オーストラレーシア応用神経科学学会・前会長)に解析して頂き、そのデータを下に各個人のトレーニングの方向性がきまります。

3月の脳波フィードバック(受信)用の電極を頭と耳たぶに貼り、モニターのゲームや映画を鑑賞する事で、望ましい脳波帯が現れると音と映像でフィードバックをし、脳が自律的に学習するトレーニングです。自分の脳波状態をフィードバックするだけなので副作用がほとんどありません。そのため、お子さんにも安心して適用できます。 その効果は、国際児童精神医学会や、アメリカ心理学会でも認められています。

春のニューロフィードバック特別集中トレーニング

期  日
①ミニマップ作成 平成28年2月18日、19日
②トレーニング(全15回) 3月10日~4月17日 ※詳細は別紙
場  所
ディヤーナ国際学園 事務所
(〒399-3101 長野県下伊那郡高森町山吹5948-1:0265-35-8615)
費  用
  1. ミニマップのスーパービジョン費用(豪モッシュ博士へ支払い)15000円
  2. ニューロフィードバック 全15回トレーニング(通常価格は約18万円のところ)特別価格81000円
特別モニター価格合計金額 96,000円
参加人数
限定10名(先着順となりますので、お急ぎ下さい!)
お申込み締め切り
参加希望者は 1月28日(水)までに申込書を最下段よりダウンロードして、ご記入頂きご郵送下さい。
その後、2月1日(月)までに下記の口座にお振り込み下さい。
お申込書提出先
NPO法人日本武道総合格闘技連盟 ディヤーナ国際学園 事務局 担当:齋藤
〒399-3101 長野県下伊那郡高森町山吹5948-1:電話0265-35-8615 FAX0265-34-2504
お 振 込 先
特定非営利活動法人 日本武道総合格闘技連盟
飯田信用金庫 高森支店 普通 4907944
お問い合わせ
NPO法人日本武道総合格闘技連盟 ディヤーナ国際学園 事務局 担当:齋藤
〒399-3101 長野県下伊那郡高森町山吹5948-1:電話0265-35-8615

春のニューロフィードバック特別集中トレーニング 拡大

春のニューロフィードバック特別集中トレーニング 拡大