お見舞いに生徒達の有志で行って来ました

05 8月 2019

ディヤーナ国際学園の生徒の有志が、 小沢 隆名誉学園長のお母さんが、ご危篤であるとの事で、長野県最南端の阿南町阿南病院に向かいました。
学園のある高森町山吹駅から、JR飯田線で 阿南町温田駅まで、約1時間 !飯田線は天竜峡をはじめとする美しい景観や、山間の秘境駅など 鉄道マニアには とても 好まれるローカル線のようです。
生徒達もその景色はとても美しく感じたようです。

温田駅から 徒歩で10分くらいで 阿南病院に着きました。
おあかさんは危篤とはいえ 穏やかに 眠っておられるよう見え フィリピンボラカイ島の学園宿舎で おかあさんと数ヶ月 一緒に暮らした生徒も 二、三いて その思いでを振り返りながら 生徒達が おかあさんに語りかけ もう 回復する事ない 危篤状態の病室とは 思えないくらい 和やか雰囲気に包まれました。
たぶん、意識は既にないであろう、おかあさんの魂も喜んでおられたのでは?と思いました。

お見舞い後には、とても美味しいラーメン屋さん”めんくろうラーメン”が近くにあると聞いて、夕食に立ち寄りました。
化学調味料を一切使わないそのラーメンはどのメニューを頼んでも、優しさに満ちた味で、心が温かくなるようでした。

帰りの電車の中でも、生徒達みんなが、今日一日のなんとなく不思議な一日に、魂を神さまに撫でてもらったような、安堵感包まれたような表情でした。