発達障がい改善についての意見交換会

04 4月 2016

一般社団法人エジソン・アインシュタインスクール協会

4月1日、東京都北区にて小沢先生は、一般社団法人エジソン・アインシュタインスクール協会、鈴木昭平会長と発達障がい改善についての意見交換会を行いました。
今回の意見交換会は、当学園の特別名誉教育顧問の田崎美弥子先生(東邦大学教授)よりのご紹介とお力添えにて実現いたしました。この場をお借りして御礼申し上げます。

鈴木昭平会長
鈴木昭平会長

鈴木会長は、優しい笑顔に誠実なお人柄が印象的な方で、先生はこれまで幼児教育に携わり、知的障がい児の改善指導に取り組まれるなかで、知的障がい児の劇的な改善を遂げられたのだそうです。
その後、「エジソンもアインシュタインも知的障がいを持っていた。全ての知的障がい児は天才性を秘めている」との考えから一般社団法人エジソン・アインシュタインスクール協会を設立され、一人でも多くの知的障がい児がその秘められた天才性を開花するために、全国にて講演会、親子面談、トレーニングセミナーと多忙な日々を送られていらっしゃるそうです。

また、ご著書に『ひかり速読法』『実践・成功脳の作り方』、『マイナス2歳からの子育て』(KKロングセラーズ)『子どもの脳にいいこと-多動児、知的障がい児よくなる3つの方法』(コスモトゥーワン)、DVD『知的障がい児は天才性を秘めている!』(制作:エジソン・アインシュタインスクール協会)などがあるそうです。
今後は、私達も発達障がい改善について、空手、ニューロフィードバックなどに加えさらに、具体的に改善への対応が出来れば幸いと思います。

~発達障がいについてご興味がある方は是非、ご参考下さい~

ニューロフィードバック(学園HP)
https://www.dhyana-jp.com/activity/neurofeedback